悪知恵

いつの時代でも、夏休みの宿題の最後を飾るのは「読書感想文」。
読む本はなんでもOKらしいが、ワタシのころは「課題図書」ってやつだったので、苦痛以外の何もんでもなかった。
「課題図書」って本屋が儲けるためにあったんじゃないかと、疑ってるんだが。

「原稿用紙4枚以内」だったので、タイトル長め、改行多め、ひらがな多めで、3枚と1行で片づけたこともあった。
ほんとにめんどくさくなると、「あとがき」や「解説」読んででっちあげることも。

でも、最近は違うんだな。
うちのあほな子どもなんて、amazonの「レビュー」を参考にしてんだな。
なんだかなぁ。変な情報リテラシーだけが身についていくorz。
[PR]
by kazz-5063 | 2010-08-17 21:06 | 雑記 | Comments(2)
Commented by ロラロラ at 2010-08-25 11:38 x
読書感想文というテーマ自体がそろそろ時代に
合わなくなってるかもしれませんねぇ、、、。
Commented by kazz-5063 at 2010-08-25 21:34
>ローラーアニキ
読書感想文で本嫌いになったヤツって多いと思いますよ。
だって、課題図書ってつまんないんだもの。