あんなところ行った

この前の「こんなもん食った」のとおり、盛岡遠征で「食欲の秋」は味わったが、人間食ってばかりじゃイカン
なので、久々に「芸術の秋」に浸るツアー実行

向かうは「青森県立美術館」見るのは「奈良美智展」
f0100911_22241394.jpg

ここで奈良美智を見るのは2回目。見るたびに好きな作品が見つかる
f0100911_22243958.jpg

ロケンロールな作品が多くて面白かった
1点欲しいもんだw

青森といえば「煮干しラーメン」
「味噌カレー牛乳ラーメン」も食べたかったが、相方と子どもの反対で断念
前に食べた「出し屋五丈軒」がうまかったので、評判が結構いい「中華そば 田むら」をチョイス
f0100911_22252783.jpg

注文は「鬼煮干(大)」700円
相方と子どもは「あっさり煮干(中)」550円

12時半に入ったが、かなり広い店が満席
店員の数は多いんだけど、厨房に立ってる人が少ないのか、出てくるまで30分は待ったか
これは待ち過ぎだな

出てきた「鬼煮干」がこれ
f0100911_22255038.jpg

ちなみに「あっさり煮干」はこれ
f0100911_22261514.jpg


鬼煮干とは「よく言ったもんだ
これ以上ないだろってくらいの煮干煮干煮干・・・
悪くはないけど、ここまで煮干だと飽きる
かと言ってあっさりは煮干のインパクトが少ない
ゲップが煮干臭くなるくらいのインパクトだwww

個人的な感想だと、鬼とあっさりの中間ぐらいだといいんだけどな
[PR]
by kazz-5063 | 2012-10-31 22:28 | 雑記 | Comments(2)
Commented by gypsy-joe at 2012-11-01 21:09
煮干しと言ったら宮古「たらふく」がDNAに刻まれている私は、青森の煮干し系は強烈過ぎて異質でしたねー。
でも写真見ているうちに、久々に食べたくなりました(^_^)
Commented by kazz-5063 at 2012-11-02 23:56
>gypsy-joeさん
はい、そのとおりだと思います
この鬼煮干は強烈すぎっす
青森は、「みそカレー牛乳ラーメン」も名物なようですが、ラーメンに関してはどこか突き抜けてる感がw