A6M3を見に

今日は土曜日で天気もいい
明日は仕事なので、出かけるのは? 今でしょ! とばかりにガッツリ日焼け止めを塗って出発
今日の目的はA6M3
平たく言えば「零式艦上戦闘機三二型」の見学
大刀洗平和記念館に、世界で唯一現存するんだと

R3をまずは久留米市まで
そこからR3を戻ってR500で大刀洗平和記念館に
記念館一帯は、もともとは太刀洗飛行場
日本陸軍航空隊西日本の拠点で、教育隊やら航空廠やらかなりの規模だったらしい
そうなれば、爆撃目標になってしまうのは必然
だったんだが、最後は特攻隊の基地だし、1945年3月の大空襲で壊滅したと
そういう歴史も見れる

零式艦上戦闘機三二型A6M3は、翼端を切り詰めて、空母エレベータで翼端を折りたたまないで済むようにしたタイプ
f0100911_21572467.jpg

f0100911_21581567.jpg

この記念館の天井には、B29の大きさを見せる工夫がしてあるんだが、圧倒的に小さい
零式艦上戦闘機は、開戦直後こそ圧倒的性能だったが、あっという間に時代遅れになったのは工業力の差だな
館内には博多湾から引き上げた「九七式戦闘機」も展示されているが、こっちはボロボロ

元々の東滑走路は道路として使われてるらしいし、飛行場の敷地にはキリンビール工場がある
なんにせよ、自転車でビール工場を眺めながら滑走路跡を走れる方がずっといい
そんなことを考えながら帰路につく

今日もおにぎり2個、ヤマザキ薄皮アンパン4個
f0100911_21565966.png

[PR]
by kazz-5063 | 2013-05-18 21:58 | 自転車 | Comments(2)
Commented by nanbuneko at 2013-05-19 18:53
写真を見ただけで切なくなります。
操縦桿を握る人の気持ち・・・・どんなだったんだろう・・・。

走った後のビールは格別なんでしょうね~。
Commented by kazz-5063 at 2013-05-19 21:35
>nanbunekoさん
特攻隊員の顔写真、手紙が展示してあるコーナーもあったんですが、さすがに切ないですね
こういう方々がいて、今の生活があることを、ちょっと考えたり