阿蘇、ラピュタ、ミルクロード

福岡に赴任したからには、阿蘇は一度走っておきたかった
ただ、輪行日帰りだとちょっときついので、オフシーズンを狙っていたんだが
自転車お友達のYさんから、阿蘇を思いっきり走るのでどうですか?とのお誘い
これは行くしかありません
Yさんは、このコースを毎月のように走ってる方
なので、コースガイドはバッチリwww

朝5時にピックアップしてもらって、大分道を南下
大分県玖珠町の道の駅くすに車を止めて、いざ出発
晴れの予報だったが、時折小雨がぱらつく感じ
水冷になるからいいか

玖珠町から九重町に入り、九酔渓まで山登り
登り切ったらやまなみハイウェイに入って順調に(当社比)進む
牧の戸峠から一気に下って、外輪山を進んで大観峰から阿蘇駅に
外輪山から眺めると、阿蘇がカルデラだってのがよく分かる
ここで湧き水を補給
f0100911_21343988.jpg

湧き水は冷たくてウマー

阿蘇山頂はガスってたんだけど、脚にも余裕があったので(当社比)、阿蘇山頂を目指す
いこいの村から、ノッタラクッタラ登って、草千里
f0100911_21403265.jpg

草千里といえば、紅い牙ブルー・ソネットラストの決戦場所だったよな、などとどうでもいいことを思い出したり(笑)

相変わらずガスってるけど、ここまできたなら頂上!ってんで、さらにノッタラクッタラ登る
っていうか、ガスが小雨になって、サングラスにつくもんだから、視界最悪
しかも、途中で19%の激坂もあるし

そんな思いでたどり着いた頂上は、やっぱりガスの中
f0100911_21421130.jpg

証拠写真を撮ったら、さっさと下山

で、ここからがメインディッシュの「ラピュタの道」
知る人ぞ知る(?)自転車乗りの憧れコース
とはいえ、林道(?)なのでアスファルトは酷いし道幅も狭い
しかし、圧倒的な自然造形が広がってるんで、30×26の超ヘタレギアでひーこら登りながらも、広がる風景を楽しめることは確か
f0100911_21462619.jpg

f0100911_21464047.jpg

これを見るためにまた来たくなる

ラピュタから、これまた有名なミルクロードに入ったんだが、吹きさらしで横風・向かい風も強いし、風景も牧野が広がるだけで、岩手県出身者としてはさほど感動がなかったかも

ここいら辺で脚が売り切れ間近
Yさんは、走りこんでるコースだけあって、どんどん進む
こっちは、チギレかけて、視界に何とか捉えようとするので精一杯
ミルクロードを出て、牧ノ戸峠までの20km弱が一番きつかった

牧の戸峠からは一気にダウンヒル
ブレーキレバーを握る握力が、弱くなってるのが判るんだが、オーバースピードで事故りたくないので気力で凌ぐ

で、道の駅くすに18:20ころ到着
脚は閉店ガラガラの完全売り切れ

とはいえ、阿蘇山頂、ラピュタの道、ミルクロードのフルコースを一気に楽しめたのは最高だ
ソロだったら、ルート確認に手間取ってダメだったろう
Yっさん、感謝感謝です

帰ってきて飲んだビイルが最高に旨かったのは言うまでもない

f0100911_21594740.png


186km 9時間33分
食べたもの
おにぎり6個(うち2個は自作特大)、ヤマザキミニ薄皮アンパン5個、豆大福2個、ゲータレード750ml、アクエリアス650ml
[PR]
by kazz-5063 | 2013-06-30 22:02 | 自転車 | Comments(0)