代官山で糸島の食を楽しむ

以前福岡に住んでいたとき、隣の糸島市は移住・定住や食材の豊富さに注目していた
一方、代官山の蔦屋書店はその空間を楽しむ場所としして心地良い
糸島×代官山 蔦屋書店コラボイベントがあるというので行ってきました

東京でお客様だけのケイタリングを提案するCONVEYの横田・松木シェフが、糸島の食材を使った料理を提案し試食するもの

第一部は産直の状況を紹介
全国の産直は約17000か所でセブン・イレブン店舗より多い
売上は8700億以上でイオンの1/10
全国売上一位の産直は、糸島市の伊都菜彩
売上は47億円
などなど

第二部講師のお二人
f0100911_2231515.jpg

試食した料理の数々
f0100911_22313316.jpg

個人的には、野菜、玉子のピクルスが旨いと思った
歳くったせいか、肉系より野菜系のほうがスッキリする
f0100911_2232993.jpg


糸島ブランド首都圏PR事業という市の事業なので、参加料は破格の税込み300円
岩手ブランドでもこういうのができないのかなと考えながら、美味しい食を楽しんだ
(アルコールがなかったのが残念w)
http://real.tsite.jp/daikanyama/event/2017/01/post-252.html
[PR]
by kazz-5063 | 2017-02-16 22:32 | 福岡・九州 | Comments(0)