<   2013年 09月 ( 15 )   > この月の画像一覧

今年も頼んじゃった「ベアレン頒布会」
今回のテーマは「清濁飲み比べ」
ろ過と無ろ過の違いを味わおうという企画

9月は、
クリスタルヴァイツェン
f0100911_205199.jpg

ヘーフェヴァイツェン
f0100911_20513184.jpg

クラシックセラー
f0100911_20515678.jpg

の3種だ

3ヶ月で12600円は正直イタイが、普段第3しか飲んでないので、たまには贅沢してもいいよね(自分に言い訳)

当然、1日で3本なんて暴挙はなし
ベアレン1本に第3を1本で
[PR]
日中はあいかわらず30℃の気温が続くが、朝晩は20℃くらいまで下がる
10月いっぱいはクールビズだけど、ネクタイ姿もちらほら
長袖、ジャケット姿もそこそこ

あれだけ大騒ぎしていたセミがいなくなり、空中戦をするトンボを見かける
朝晩は窓を閉めて寝てるし、タオルケットをかけて寝る
水シャワーもちょいと厳しくなってきた
扇風機もお役御免で押し入れへ

なにより、素麺を食べる気分じゃないもんね
カレー、麻婆豆腐のような煮込み系の気分になってきたし
まだ高いけど、スーパーにはサンマが並ぶ

いやぁ、秋ですな
焼酎・泡盛ロックから、日本酒冷やに切り替えますかね(笑)
[PR]
この前の盛岡遠征で、子どもの携帯契約を分けたことは書いた
それで、分けてから初めての請求書をチェック
そうしたら、なんとこれまでの2/3以下
自分の端末分割払いが終わったのもあるが、一気にここまでさがるってのは驚きだ

iPhone5Sが発表された時、子どもからのメールで「1年待ってiPhone6になったら買う!」と言っていたが、このペースじゃ無理じゃないかな
バイトを頑張るって言っても、留年したらシャレにならんし
大丈夫かな
最後はHELP覚悟だな(あ~親ばか)
[PR]
「焼き鳥日本一宣言」の久留米市
「久留米やきとり日本一フェスタ」があるというんで行ってきました

時間が11時からなので、西鉄で行くのも中途半端
なので、秋晴れの中、サイクリングがてら出発

久留米に直行すると時間が余る
それではということで、福岡・佐賀県境の東背振トンネルを抜けて佐賀に入り、そこからくる目を目指すコース
相変わらずトンネルまでの坂は、ヘタレに厳しい

思ったより向かい風が強い中、11時半に到着
会場の東町公園には、市内の焼き鳥有名店15店
f0100911_2050024.jpg

「日本一フェスタ」と言っても、ローカルっぽいのがいいですな

各店とも、4・5本1パックで500円がデフォ
f0100911_20501654.jpg

とりかわ、ぼんじり、すなずり、バラ、ダルムの5本がこれ

とっても残念だったのが、自転車だったんでビールはなしというところですな
f0100911_2058052.jpg

おにぎりで美味しくいただきましたと

帰りは暑くてヘトヘト
久留米が福岡より暑いのを忘れていました
途中のファミマで「しろくま」をチャージして、何とか帰宅
f0100911_20573429.jpg


よし、週明けにはやきとりを食べに行こう
[PR]
熊本出張
新幹線のおかげで1時間弱
なので、泊まりはなく日帰り
福岡より暑い

火の国熊本の昼ごはんはこれ
熊本ラーメン@赤のれん650円
f0100911_20211626.jpg

熊本ラーメンもスープはトンコツだけど、見た目よりさっぱりしている
大好きなきくらげが入っているのがいいですな
ガツッと食べて、また真夏日の営業だ
f0100911_20223840.jpg


夜は遅くまで新幹線があるので、ちょっと一杯
行ってきたのはくまモンの聖地(笑)「くまBAR]
f0100911_20254161.jpg

店内はくまモンでいっぱいだ
f0100911_20264995.jpg

熊本といえば「米焼酎」
そのグラスにも
f0100911_20272510.jpg

恐るべし、くまモン(笑)
[PR]
猛暑日も一段落の九州
そろそろ、自転車シーズンだということで、島原半島1周に出発
福岡天神から大牟田まで西鉄大牟田線で輪行し、長洲ターミナルから多比良ターミナルまで有明フェリー、後は走るのみというコース

有明フェリーから見える雲仙普賢岳平成新山は、圧倒的な迫力だ
f0100911_214977.jpg

フェリーの中では自転車をこうやって固定してくれる
f0100911_21492750.jpg


多比良港についたのは9:30過ぎ
ここからR251を時計回りに走るが、海岸沿いなのでほぼフラット

平成新山正面にある雲仙岳災害記念館(がまだすドーム)を見学
雲仙普賢岳はジオパーク指定になっているが、真正面にその姿を見ながら、火山や災害の状況について知ることができる
f0100911_21521287.jpg


大画面で見る火砕流のCG映像は大迫力だ
火砕流で犠牲になったのは、避難勧告を無視し危機意識が弱いマスコミと、それを注意・避難させようとした人たちだという説明に考えるものがある
ググればいろいろと出てくるが、マスコミの姿勢がああじゃなければ、犠牲者はほとんどいなかったのでは、と思わされる
中からよく見え人が来ない裏庭に自転車を置かせてくれたり、案内でヘルメット・を預かってくれたり、ウェルカムな雰囲気がすばらしい

ここで1時間ほど過ごした後は、R251をひたすら走る
北風なので、半島最南端の口之津までは順調
その後は、当たり前だが向かい風で、スピードがガタ落ち

それでもなんとか13:40には小浜に到着
フェリー内でおにぎりを食べただけなので、いい加減空腹だ
ここは地元に敬意を評して「小浜ちゃんぽん」にチャレンジ

ちゃんぽんマップを参考に、まずは「善望園」のちゃんぽん650円
f0100911_2152318.jpg

小浜一のこってり味と紹介されていたが、食べるとそれほどではない
f0100911_21524715.jpg

甘みのあるスープに太麺がマッチして、あっという間に完食
お店の方もフレンドリーでいい感じだ

ついでにもう1件と思ったが、14:00過ぎで休憩中の店多数
で行ったのが「蛇の目」のちゃんぽん630円
f0100911_2153536.jpg

寿司屋さんだが、ちゃんぽんは具だくさん、スッキリスープに中太麺で食べごたえあり
f0100911_21531959.jpg

ここもフレンドリーな対応で嬉しい

ここでとるべきコースは2コース
R251をそのまま走るか、R57から雲仙を超えるか
福岡の自転車友達からは、「海辺を走ってもつまんないでしょ!」との意見を思い出し、山越えにチャレンジ

しかし、雲仙コースのてっぺんは標高1000m超え
海抜2mほどの小浜から登るので、マジ辛い
登っても登っても、カーブを越えても越えても上りが続く
「なんでこんなところは知ってんだよ」とグチの一つも出ようというもの
ヘロヘロ、フラフラになって、なんとか足もつかずに雲仙に到着した頃は、完璧に脚うりきれ
ここからは下りだ!と思いきや、まだ上りがあって心折れそう

なんとかピークを過ぎて、普賢岳を正面に見ながらR389を一気にダウンヒル
多比良フェリーターミナルに辿り着いたのが16:00
後はフェリーに乗って大牟田駅まで走って輪行、帰宅

やっぱり、ヒルクライムは苦手だ、というかキライだ
体重+自転車の総重量で10kg落とせば楽なんだろうけどね
体脂肪を落とさない限り、ヒルクライムに出場するのは無謀なことが身にしみた

6時間12分 140km ave.22.5km/h
f0100911_21533672.png

[PR]
しかし、この時期の沖縄ってところはイヤなところだ
那覇市内を営業してる分には暑いだけなんだが、ちょっと出かけると「どこを切り取っても絵葉書になりそうな風景」が広がる
f0100911_19302069.jpg

ビーチで人生をエンジョイするナウなヤングならともかく、革靴、スーツのサラリーマンには辛すぎる

こうして、汗まみれになりながら営業を終えると、水分・エネルギーをチャージしないと、熱中症で倒れるぜ
なので、まずは「オリオンビール」で水分補給
f0100911_19332995.jpg

こいつがあれば、とりあえずOKの「島らっきょう」
f0100911_19343464.jpg

油淋鶏もエネルギー源だ
f0100911_19351233.jpg


別な日は、ちょっとこじゃれた店で
でも、まずは「オリオンビール」
f0100911_1936993.jpg

沖縄アテのド定番「グルクン唐揚」
f0100911_1936458.jpg

「島豆腐」も欠かせない
f0100911_19372118.jpg


こうやってエネルギーチャージしてる分には「パラダイス」なんだが、周りがリゾートエンジョイのヤングばっかり
やっぱり、日中の営業をを考えると、しょぼくれ感が出るのは仕方がないな
[PR]
猛暑日・夏休み期間中は避けて、9月中旬に日程を組んだ沖縄営業3DAYS
しかしだ、真夏の空が眩しいぜ
f0100911_115750.jpg

かりゆしを着てるとはいえ、革靴を履いて営業キットを抱え、那覇市内をうろつくのは最高だ
まわりは、「サザンリゾートアイランドサマーをエンジョイする、ナウなヤング」ばっかりだ
学生さんがうらやましいぜ

日中は時間に追いまくられるので、沖縄そばばっかりだ
ソーキそば500円@タンパラヤ
f0100911_1193220.jpg

岩手の方言だと「タンパラ」は「短気」ってことなので、オヤジさんに怒鳴られたりしたらどうしよう、とビクビクしたが、オカミさんの屋号らしくてホッとしたぜ

ソーキそば380円ジューシー付き@田舎
f0100911_1117172.jpg

ジューシーがついて380円、ソーキもがっつり乗ってこの値段という抜群のコストパフォーマンス
大だと650円だが、午後の営業に差し支えるので並で

南部そば650円@南部そば
f0100911_11175138.jpg

わざわざ食べに行く価値あり、都の情報を仕入れて新規開拓
そばの上に大きめのてびち(豚足)が2本ドーンと

しかし、どこにいっても、真夏モードのヤツらばっかりで、自分の不運を嘆くのみorz
[PR]
赤、緑だけでは世界の平和を守るには力不足
怪人「モウショービ」は姿を消しつつあるが、「マナツービ」はまだまだ暴れまくっている
なので、真打ち「黄レンジャー」登場

ピーマン、ナス、クッキングトマトの「サマーベジタブル」を武器に、パワーアップさせた「黄レンジャー」がこれだ
f0100911_9145487.jpg

付け合せには、ナス、ズッキーニ、ピーマン、トマトのソテーで「イタリアン」に
f0100911_9155758.jpg

オリーブオイルがないのがもう一つだが、ハーブソルトで気分を出す

辛くてホットでスパイシーな黄レンジャー
インドとイタリアのコラボも最高だ

当然、弁当にも登場する黄レンジャー
相変わらず、神聖な職場に「カレー臭」」を撒き散らすのはナイスだ
[PR]
八百屋に行ったら、ちょいしなびかけのナスが1かご105円
これは買うしかないでしょ

猛暑が続いたのはいつのことやら、というくらいUnder30℃の日が続く
これで体調を崩しちゃいかん、気合だ、ということで赤レンジャーメニュー
豆板醤をがっつり効かせた麻婆茄子
f0100911_21183389.jpg

味噌汁も、トマトとキュウリで赤レンジャー2号と緑レンジャーだ
汗だらだら流しながら食べる
いと旨し

残ったものに片栗粉トロミアップで弁当にもGO!
f0100911_21211828.jpg

世界の平和を守れ、赤レンジャー(笑)
[PR]