人気ブログランキング |

<   2006年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

大晦日だというのに、穏やかな1日。
正月明けのスキーは大丈夫だろうか。

家の掃除も今日で最後。
玄関ドアにサンドペーパーかけて、ニスを塗りなおす。
その刷毛を買いに、自転車で出かける。
久々なので気持ちがいいが、大晦日に乗れるなんていいんだろうか。
地球温暖化のせい?

ブログを通じていろいろな方とコミュニケーションし、その何人かの方とは実際にお会いすることができた1年。
家と会社の往復以外に、生活の範囲が少し広がったような気がする。

ワタシの書き散らかしにお付き合いいただいた皆さん。
ありがとうございました。
来年も、よろしくお願いします。
4月1日に始めて、気がついたら12月25日で4000HIT。
冬場で、自転車ねたがなくなりますなぁ。
ワタシの住んでいる岩手県は、いまや冬本番。
当然、12月から3月までは自転車のオフシーズン。
いつもの年はウォーキングをしていますが、雪の中を歩くのは正直しんどいです。
そこでローラー台購入を考えましたが、相方からは「うるさそう」、「やる時間があるの?」などと反対の声。
最近のローラー台は静かだと聞いているけど、本当のところどうなんでしょう?
(ここまで自転車に入れ込まなくても、との声もあるが)
f0100911_21201712.jpg
朝、仕事前にコーヒーをを1杯。
あまり人がいない店の中で、気持ちを落ち着かせる。


f0100911_21211135.jpg
昼、気持ちを引き上げるためにじゃじゃ緬大盛り。
久々に食べたぞ。腹いっぱいだ。
日曜日、みぞれ混じりの天気の中、ツーキン1号を掃除した。
ブレーキカスをとって、泥汚れを落とした。
暖冬気味なので、あと1・2回はツーキンできると思ったが。
夕方から雪。雪かきまでした。

f0100911_2263920.jpg
今朝の路面は圧雪。
これじゃ、今シーズンの自転車は本当におしまい。

ビンディングシューズから長靴。
インフレータ(空気入れ)から雪かきスコップ。
自転車からママさんダンプだ。
きょうは休出。
みぞれなのでバス。
途中乗ってきた数人の高校生。騒ぐでもなく黙るでもなく、何気な会話。

30分くらいしたあと「やべえ、ここだ」と降りていく。
「結構あると思ったけど、ちけーな」か。

過ぎていく時間が早くても、まだまだ時間があるもんなぁ。
うらやましい。
いろんな意味で時間がないぞ、こっちは・・・。
あんまり「活動」するのは好きじゃないんですが、自転車ツーキニストの疋田智さんがこの法案改正については怒りまくっています。

「疋田さんのメールマガジン【続報】真面目に憂慮すべき271号から」
http://www.melma.com/backnumber_16703_3451197/

この件については、ワタシも同意見。
「今シーズンは最後」と言いながら、まだ自転車ツーキンできる。
きょうもそう。あんまり寒くないので自転車。

昼休み、天気がいいので外へ。
開運橋>杜の大橋>明治橋 と川沿いに走る。
12月半ばとは思えない陽気
明治橋からの岩手山がきれいだ。
f0100911_2254436.jpg
軽く汗ばんだので、Tシャツを着替えて午後も仕事。
警察庁「自転車対策検討懇談会」が、
1. 子どもや高齢者、買い物目的などでの利用の場合
2. 交通量が多く車道が著しく危険な場合
場合に、歩道での自転車通行を認める、という提言をまとめた、との記事があった。
http://www.asahi.com/national/update/1130/TKY200611300260.html

一見よさそうだけれど、ワタシ的にはとっても疑問。
「著しく危険な場合」って、誰が判断するんだ。
そもそも、自転車は軽車両、車道を走るのが原則。世界中そうなっている。

歩道を自転車で走ると、歩行者を縫って走ることになるし、出会い頭の事故も増える。
人間込みで、どんなに軽くても50kg、遅くても10数km/hで動くものと歩行者がぶつかると、ただじゃ済まない。
けがはもちろん、悪くすると死ぬ。

そんなわけで、ワタシはできるだけ車道を走る。
きょうは天気が良かったので自転車ツーキン。
乗れるときに乗っておく。
こんな日にバスに乗るのはもったいない。

f0100911_21543991.jpg
昼休み、青空が広がった。
いつもは弁当持参だけれど、きょうは、なし。
こんな日は、会社の近場で食べるのも芸がない。

f0100911_2154519.jpg
そんなわけで自転車で出かけ、久々に高松の盛岡食堂で唐揚げ定食を。
いつ見てもでかい。子どものこぶしくらいの唐揚げが5個。
口の中のやけどに注意しながら、ひたすら食べる。
熱くてでかくてうまい。

食べた後は高松の池へ。
まだ、水面が高く、白鳥・鴨も少なめ。
休日と違って、見に来る人の車も少ない。
柔らかい日差しの中、ゆっくりと1周して、会社に戻る。